一番大事なのはリスク管理

リスクヘッジができれば大きく負けることはない
投資は管理さえ徹底すればリスクを抑えることができるのでリスクヘッジに力を入れますという大きく負けることはまずありません。そこでここからは、サラリーマンのあなたにおすすめしたい分散投資というリスクヘッジ手法に関しまして紹介します。

投資を行う上で最重要のリスクヘッジ法「分散投資」

分散投資はその名の通り「資金を分散して投資」することを済む、投資対象を分散することによって損失リスクを大幅に引き下げることが出来ます。

例えばa社の株式だけに資金20万円を投資しているAさんって、a社というb社に10万円ずつ分散して投資をしているBさんがいたってします。

a社の業績が大幅に悪化して破産してしまった場合、a社のみに投資をしていたAさんはその瞬間に20万円すべて失うことになります。
一方でBさんはb社にも分散していたので10万円の損失で済みました。

このように投資対象を分散することによって、不測の事態にも備え付けることが出来ます。
投資を始めるサラリーマンのあなたは少なくとも分散投資だけでも実践していれば1度にすべての投資金を失うことはありません。

カードローン自己破産について