費用対効果で考えるFX

一番コストパフォーマンスが良い投資商品はズバリ「FX」だ。そこでこれからリスクを抑えて安く設けることができ、大きなリターンを得られる可能性があるFXを紹介していきます。

FX(外国為替手金取引)は2つの通貨価値の差額で利益が出せる投資商品で、誰でも気軽に少額から使えると主婦や学生から人気があります。FXにはこれから紹介する4つの魅力があります。

投資対象が低く、馴染みのある通貨から行える
他の投資商品と比べて手数料が圧倒的に安く済む
常時常時取引が出来る
レバレッジとして資金から大きな規模のトレードができる
FX最大の魅力として「レバレッジ」を使うことによって最大で資金の25倍のトレードが行える点が挙げられます。FXはこういうレバレッジを使うことによって簡単に大きなリターンを得ることが出来る反面、その分損失リスクもあります。
FXにはおっきいレバレッジを利用して発生する損失を治めるために、「ロスカット」という強制決済システムがあります。とある一定以上の損失が発生したまま、FX業者側が強制的に決済を通してくれるので損失リスクも安心です。

FXは金利差からも利益がもらえる

FXには上で挙げた4つの魅力以外にも、実はもうグループ「金利差(スワップポイント)で利益がもらえる」という特徴があります。スワップポイントはトレードする2つの通貨間の金利差が利息としていただけるもので、その通貨ペアを保有している間は毎日いただける。

例えば、高金利通貨の「豪ドル」という低金利通貨の「円」で組み合わせた「豪ドル/円」の通貨ペアを保有していると行う。「豪ドル」の金利は1.5%*なのに関し「円」は0.1%ですので、金利差は1.4%になります。(2017年5月現在)

提供しているスワップポイントはFX業者によって異なりますが、「豪ドル/円」ですと約35円~50円の金利差が保有歳月分いただける。このようにFXは金利差もリターンが見込める投資商品になります。

バイナリーオプションとFXの違いとは