さらにここから年金や保険などを差し引くと27万~28万円ほどがサラリーマンの平均所得になります。もちろん人によって多少の誤差はありますが、こういう平均収入で世帯を持っているサラリーマンが老後や自分が払える資金を貯めるのは大変です。

安定的な投資を行うため経済的に余裕を持つことが出来ます。自身の趣味や老後に払える資金をためるためにもサラリーマンのあなたに投資をおすすめします。

今後サラリーマンの平均所得が増えるリスキーはちっちゃい
日本の経済状況や雇用状況から見ても、今後サラリーマンの平均給与が著しく改善されることが見込めません。給与が貫く以上、投資に取り組むため収入を繰り返すという選択肢が重要になります。

まさにサラリーマンのあなたが投資を始めるとなると、「投資は副業禁止規定に該当するのかどうか」が気になると思います。そこで副業禁止規定を見てみると、会社によっても異なりますが以下の2つの共通判定基準がありました。

会社の収益に悪影響を及ぼしているか
副業が本業の労働に悪影響を及ぼしているか
つまり片手間でもしっかり利益が出せる「FX」や「株式」という投資がサラリーマンに向いていると言えます。サラリーマンのあなたは、将来を見越して副業はみなされない投資を始めることをおすすめします。

会社に依存しなくてすむ
会社に依存しなくて望ましい

近年リストラを行う企業が目立ち、リストラという4文字といった全く無縁のサラリーマンはほとんどいません。こうした万が一のことを考えて自分で資産を運用して行く入り用が生じている。

サラリーマンのあなたが自分で投資を通じてある程度運用成績が安定してくれば、減給やリストラで狼狽えることもなくなります。
しっかり投資をして安定した収入を維持することができれば、最悪の事態になっても適切に対処することができます。

投資メリットデメリット違い