一番コストパフォーマンスが良い投資商品はズバリ「FX」だ。そこでこれからリスクを抑えて安く設けることができ、大きなリターンを得られる可能性があるFXを紹介していきます。

FX(外国為替手金取引)は2つの通貨価値の差額で利益が出せる投資商品で、誰でも気軽に少額から使えると主婦や学生から人気があります。FXにはこれから紹介する4つの魅力があります。

投資対象が低く、馴染みのある通貨から行える
他の投資商品と比べて手数料が圧倒的に安く済む
常時常時取引が出来る
レバレッジとして資金から大きな規模のトレードができる
FX最大の魅力として「レバレッジ」を使うことによって最大で資金の25倍のトレードが行える点が挙げられます。FXはこういうレバレッジを使うことによって簡単に大きなリターンを得ることが出来る反面、その分損失リスクもあります。
FXにはおっきいレバレッジを利用して発生する損失を治めるために、「ロスカット」という強制決済システムがあります。とある一定以上の損失が発生したまま、FX業者側が強制的に決済を通してくれるので損失リスクも安心です。

FXは金利差からも利益がもらえる

FXには上で挙げた4つの魅力以外にも、実はもうグループ「金利差(スワップポイント)で利益がもらえる」という特徴があります。スワップポイントはトレードする2つの通貨間の金利差が利息としていただけるもので、その通貨ペアを保有している間は毎日いただける。

例えば、高金利通貨の「豪ドル」という低金利通貨の「円」で組み合わせた「豪ドル/円」の通貨ペアを保有していると行う。「豪ドル」の金利は1.5%*なのに関し「円」は0.1%ですので、金利差は1.4%になります。(2017年5月現在)

提供しているスワップポイントはFX業者によって異なりますが、「豪ドル/円」ですと約35円~50円の金利差が保有歳月分いただける。このようにFXは金利差もリターンが見込める投資商品になります。

バイナリーオプションとFXの違いとは

リスクヘッジができれば大きく負けることはない
投資は管理さえ徹底すればリスクを抑えることができるのでリスクヘッジに力を入れますという大きく負けることはまずありません。そこでここからは、サラリーマンのあなたにおすすめしたい分散投資というリスクヘッジ手法に関しまして紹介します。

投資を行う上で最重要のリスクヘッジ法「分散投資」

分散投資はその名の通り「資金を分散して投資」することを済む、投資対象を分散することによって損失リスクを大幅に引き下げることが出来ます。

例えばa社の株式だけに資金20万円を投資しているAさんって、a社というb社に10万円ずつ分散して投資をしているBさんがいたってします。

a社の業績が大幅に悪化して破産してしまった場合、a社のみに投資をしていたAさんはその瞬間に20万円すべて失うことになります。
一方でBさんはb社にも分散していたので10万円の損失で済みました。

このように投資対象を分散することによって、不測の事態にも備え付けることが出来ます。
投資を始めるサラリーマンのあなたは少なくとも分散投資だけでも実践していれば1度にすべての投資金を失うことはありません。

カードローン自己破産について

FXは投資の1つである以上、損失リスクが伴います。そこでここではFX初心者も覚えておきたい講座の内容として「マージンコールってロスカット」と「損切り」の2つのリスクヘッジ法を紹介します。

「マージンコール」といった「ロスカット」

ここではマージンコールってロスカットの理解する際に避けては通れない「手付け金維持率」を最初に説明行う。その上でマージンコールってロスカットがどんなものですかについて細かく紹介していきます。

手付け金維持率は?

手付け金維持率は保有ポジションに関する自分の資金(手付け金)の割合のことをいい、後に説明するロスカットが発生する基準となります。

ちなみに手付け金維持率は「有効手付け金÷必要手付け金×100」という計算式を通じて作り出せるので、ここでわかりやすく見本を用いて見てみましょう。
(※有効手付け金というのは、為替レートの変動による損益見込みを増減させた金額のこと)

例えば手付け金10万円の内、4万円を必要手付け金として10000ドル分のポジションを有するといった行う(レバレッジ25倍)。この場合を計算式に当てはめるといった、

10万円(有効手付け金)÷4万円(必要手付け金)×100=250%となります。

FXではこのような場合を「手付け金維持率250%」という言い方をします。ここまでFX初心者講座の内容として「手付け金維持率」は何か、そして計算方法を説明してきました。

そこでここからはFX初心者講座と題した今回のコンテンツの中で一番のポイントになる「マージンコール」といった「ロスカット」に対して説明していきます。

マージンコールは?

手付け金維持率を踏まえたうえで次に紹介するFX初心者講座の内容は、マージンコールだ。

マージンコールはポジションの含み損が大きくなり、手付け金以上の損失が出そうなら発生する警告のことです。マージンコールの発生タイミングはFX業者によって異なりますが、一般的に手付け金維持率が100%~70%を下回るという発生します。

ロスカットは?

ロスカットは手付け金以上の大きな損失を防ぐためにFX業者側が発生させる強制決済システムだ。ロスカットが発生するタイミングは先ほど紹介した手付け金維持率を基準にしてあり、こちらもマージンコールと同様にFX業者によって異なります。

ここではロスカットが発生するケースをわかりやすく解説するために、最大レバレッジ25倍でマージンコール発生が100%、ロスカットレベル半分のFX業者で売買しているという行う。

1ドル100円の時に有効手付け金として5万円が口座内にあり、10000ドル分(100万円相当)のポジションを有するときの手付け金維持率は、

5万円(有効手付け金)÷4万円(必要手付け金)×100=125% 

となります。
しかしその後、為替レートが1ドル98円に下がってしまった場合、100万円相当だったポジションが98万円となるので含み損は-2万円となります。こういう2万円の含み損を有効手付け金から差し引いて再度計算するといった、

3万円(有効手付け金)÷4万円(必要手付け金)×100=手付け金維持率が75%

として、完全を下回ったのでこの時点でマージンコールが発生します。
さらに1ドル97円にまで下がる場合、

2万円(有効手付け金)÷4万円(必要手付け金)×100=手付け金維持率が半分

になります。この時点でロスカット発生ラインぎりぎりですので、0.01銭も値が下がる瞬間にロスカットが発生し強制的にポジションを決済されてしまうね。

こういう例を踏まえるって、マージンコールやロスカットを回避するためには手付け金に余裕を持たせ、手付け金維持率をしっかり把握することがポイントになります。FX初心者の方は最低でも手付け金維持率を200%以上に維持しておくことをおすすめします。

もう一門FX初心者が覚えておきたい有効なリスクヘッジ法として、これから紹介する「損切り」というものがあります。

「損切り」を徹底する

FX初心者講座の2つ目のリスクヘッジ法として紹介する「損切り」は含み損が大きくなる前にポジションを決済講じる行為のことです。FXでは含み損があるのに決済できずにポジションを保ち続けると、先ほど紹介したマージンコールやロスカットにも繋がってしまう。

このことを考えるとFX初心者の方は「含み損が2万円を超えたら売却する」といったルールを決めた方が良いでしょう。
あらかじめ損切りラインを決めますとFX経験が浅い初心者においても予想外の損失が発生するリスクが限りなくゼロに近づきます。

キャッシングを手軽に考えると破産

さらにここから年金や保険などを差し引くと27万~28万円ほどがサラリーマンの平均所得になります。もちろん人によって多少の誤差はありますが、こういう平均収入で世帯を持っているサラリーマンが老後や自分が払える資金を貯めるのは大変です。

安定的な投資を行うため経済的に余裕を持つことが出来ます。自身の趣味や老後に払える資金をためるためにもサラリーマンのあなたに投資をおすすめします。

今後サラリーマンの平均所得が増えるリスキーはちっちゃい
日本の経済状況や雇用状況から見ても、今後サラリーマンの平均給与が著しく改善されることが見込めません。給与が貫く以上、投資に取り組むため収入を繰り返すという選択肢が重要になります。

まさにサラリーマンのあなたが投資を始めるとなると、「投資は副業禁止規定に該当するのかどうか」が気になると思います。そこで副業禁止規定を見てみると、会社によっても異なりますが以下の2つの共通判定基準がありました。

会社の収益に悪影響を及ぼしているか
副業が本業の労働に悪影響を及ぼしているか
つまり片手間でもしっかり利益が出せる「FX」や「株式」という投資がサラリーマンに向いていると言えます。サラリーマンのあなたは、将来を見越して副業はみなされない投資を始めることをおすすめします。

会社に依存しなくてすむ
会社に依存しなくて望ましい

近年リストラを行う企業が目立ち、リストラという4文字といった全く無縁のサラリーマンはほとんどいません。こうした万が一のことを考えて自分で資産を運用して行く入り用が生じている。

サラリーマンのあなたが自分で投資を通じてある程度運用成績が安定してくれば、減給やリストラで狼狽えることもなくなります。
しっかり投資をして安定した収入を維持することができれば、最悪の事態になっても適切に対処することができます。

投資メリットデメリット違い

投資で利益を差し出すために知っておきたい両輪
投資に興味があるあなたは「投資って初心者の自分でも利益を出せるの?」といった疑問を抱えるのではないでしょうか?

たとえ投資初心者であっても利益を生み出すことはできるので安心してください。
初心者のあなたが投資で利益を突き上げるためには「自分に当てはまる投資商品を選ぶ」といった「情報をたくさん取る」ことによって勝率がぐっと上がります。

本で投資を学ぶなら読んでおきたいおすすめの本

投資を本から学ぼうと思っても、投資についての書籍が多すぎてどれが良いのかわからないですよね。たとえば株式投資やFXのおすすめ本を探そうとすると、膨大な時間といった労力を使うことになります。

そんな投資についてのおすすめ本を引っかかるあなたのためにも、株式投資といったFXの評判が良いおすすめ投資本を見ていきます。

株式投資についてのおすすめ本

株式投資を行う際に役立つおすすめの本は『一勝一敗も儲かる株式投資(著:角川智)』
になります。こういう本では投資で利益を高めるためにはもちろん手法やテクニックも大事ですが、それよりも大事なのは「ボクを解ること」という紹介してある。

こういう本を読めば、投資を行う上でまずは自分がどういう失敗をして仕舞う性格なのか、何が弱点なのかが明確にわかります。
自分のない面を分かることが出来ればどの投資を通じても大きく負ける確率を大幅に押し下げることが出来るので、投資を行うあなたにおすすめの1冊だと言えます。

バイナリーオプション

どんな人にも向いている万能型の投資商品「FX」

FX(外国為替デポジット取引)は2つの通貨を売買してその差額が損益になる仕組みになっています。FXがサラリーマンのあなたに向いているポイントはこれから紹介する3つあります。

常時トレードができる
少ない資金で大きなリターンを見込める
覚えることが比較的乏しい
普段仕事をしているサラリーマンのあなたにおいて最もカワイイ特徴は常時トレードが可能な点だ。取引時間が制限されている株式などと比較しても、常時いつでもトレード可能なので普段慌ただしいあなたにピッタリです。

後の特徴としてFXには元金を最大で25倍まで大きくしてトレードが試せる「レバレッジ」があります。レバレッジを利用すれば最低4万円で100万円分のトレードが可能になります。

最後の特徴として、他の投資書品に対して覚えることが短いという点が挙げられます。もちろん初心者のうちは大変かもしれませんが、投資対象も通貨なので馴染みがある分サラリーマンのあなたも覚えやすいと思います。

基本的な用語やいくつかのルールさえ覚えてしまえば安定して投資を行うことが出来るので、忙しないサラリーマンのあなたにも非常に好ましい特徴です。

トレードで使うテクニカル分析手法

敢然と「必要入金」を把握しておく

次のFX初心者講座の内容はFX初心者の方が把握しておきたい「必要入金」についてだ。必要入金はレバレッジによるにあたって最低限口座内に入れておく必要がある資金のことをいいます。

自分が利用するレバレッジの必要入金がいくらなのかはこれから紹介する計算式で分かります。

ポジション(為替レート×取引数量)÷最大レバレッジ

例えばあなたが最大レバレッジ25倍のFX口座で1ドル100円の時に10000ドル分のポジションを持つって行なう。
これを計算式に当てはめるという、100万円(100円×10000ドル)÷25倍=4万円となるので、4万円を必要入金として口座に入れておく必要があります。

そういう計算に慣れていないFX初心者の方のためにも、ここではレバレッジコースが細く分けられているFX業者で主に利用することができるレバレッジレートごとの必要入金の目安を一覧にしました。

よくあるレバレッジコース10000通貨の必要入金(%)
レバレッジ1倍のコース100万円(100%)
レバレッジ5倍のコース20万円(20%)
レバレッジ10倍のコース10万円(10%)
レバレッジ20倍のコース5万円(5%)
レバレッジ25倍のコース4万円(4%)
このように基本的にレバレッジがおっきいほど必要入金は安く済みます。国内のFX業者は最大レバレッジ25倍となっているので原則的に必要入金は4万円ですが、コースが買えるFX業者では若干異なります。

FX初心者のあなたは利用するFX業者のレバレッジコースをチェックして、必要入金がいくらになるかを把握することをおすすめします。

バイナリーオプション

精神的に余裕がなくなるトレードは避ける

FX初心者がトレードで勝つために重要なポイントは精神的に安定した状態で売買を行うことです。意外に想う方もいるかもしれませんが、大きな額のお金を自分の意志でコントロールするためには安定した精神状態が必要不可欠です。

例えばFX初心者の方が10万通貨のトレードを行った場合、たった0.1円為替レートが変動しただけで10000円の値動きになります。冷静にFXに取り組むためにもFX初心者の方はこういうコンテンツで紹介した講座内容によって、安いレバレッジでしっかり損切りを行うことがポイントになります。

少しずつトレードに慣れる

FXで初心者の方が勝つために重要な後のポイントは、少ない資金でトレードを重ねてFXに慣れることです。最近では1,000通貨や100通貨ものの少額でFXが使えるFX業者が増えてきています。

初心者の方はそういった少ない資金で使えるFX業者で少しずつトレードに慣れ、ちっちゃな勝ちを積み上げることが重要です。ちっちゃな勝ちを積み上げますという初心者から中級者に近づきますのでトレードのセンスというトレードときの余裕が培われていきます。

こういう講座の内容を実戦の場で扱う

こういうコンテンツではここまでFX初心者を対象にFXにおける超入門講座を紹介していきました。こういう講座を受けた後にやることは、こういう講座の内容を実際のトレードの場で実践するためにどっかのFX業者で口座を開設することです。

FX初心者って相性が良いFX口座を開設できれば、あとはトレード環境で実践するだけですね!

バイナリーオプションコツ

FXは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略称のことをいい、2つの通貨を売ったり買ったりしてその差額が損益になる投資商品だ。簡単に言いますと、「円を米ドルに両替して、また両替した米ドルを円に変える」といったことを繰り返し、その両替した時の為替レートの差が利益になります。

こういうシンプルな仕組みという初心者も手軽に行える点が人気のFXには、自分の資金を何倍にも大きくしてトレードができる「レバレッジ」という大きな魅力があります。

FX初心者が覚えておきたい「レバレッジ」は?

2つ目のFX初心者講座の内容として、FX初心者のあなたに「レバレッジ」を紹介していきます。
レバレッジは証拠金(口座内の資金)を最大で25倍まで大きくしてトレード見込めるシステムのことをいいます。

FXのテクニカル分析実践方法